血管疾患|新宿区市ヶ谷駅近くの内科

0332691021

【電話受付】9:00~12:00 / 14:00~18:00
※土曜午後、日祝、第2・第5土曜は休診

血管疾患

血管疾患について

血管は動脈、静脈があり、動脈は栄養を運ぶため、静脈は老廃物を運ぶためそれぞれ機能しています。
血管に疾患があると血液が流れにくくなるなどの理由で臓器に栄養を送れなくなり、様々な合併症を起こす可能性も高くなります。
血管の疾患による合併症としては脳だと脳出血、脳梗塞など、心臓は心筋梗塞や狭心症などがあります。
しかし、これら以外にも「血管自体」の病気が少なくありません。
血管の病気を大きく分けると、「瘤(りゅう)」つまりこぶができる場合と「閉塞(へいそく)症」つまり詰まる場合のふたつがあります。
また血管も動脈と静脈があるため、それぞれ症状が違います。

pagetop