胃がん|新宿区市ヶ谷駅近くの内科

0332691021

【電話受付】9:00~12:00 / 14:00~18:00
※土曜午後、日祝、第2・第5土曜は休診

胃がん

胃がんについて

胃がんは日本人に多いがんの一つで、かつては、日本人のがんによる死亡原因の第一位にランクされていました。
現在では、肺がんについで第二位になっています。

胃がんになりやすい方の傾向

胃がんは50代~60代の男性に集中しています。胃がんの原因としては食生活が挙げられます。塩分の過剰摂取や動物性食品の摂取、加えてビタミンの摂取不足など食生活の偏りが原因の大半を占めます。加えて喫煙により有害物質が胃の粘膜を刺激し、胃がんの原因を作り出します。
初期の胃がんは、胃の不快感や違和感。
げっぷが多く出ることや食欲不審などの症状がでることが挙げられます。
進行してくると、お腹が張ってきたり、衰弱したり、吐血、血便などの異常が起こります。

スキルス胃がん

胃がんにも種類があり、胃がんの種類の中で最も悪性度の高いがんとされています。
スキルス胃がんは他の胃がんと同じように粘膜から発生しますが、あまり粘膜面の変化をおこさないまま胃壁の中を広く浸潤していきます。
スキルス胃がんは胃がんの中でも約10%を閉めており、30代や40代の女性の方によく見られています。

pagetop