動脈硬化|新宿区市ヶ谷駅近くの内科

0332691021

【電話受付】9:00~12:00 / 14:00~18:00
※土曜午後、日祝、第2・第5土曜は休診

動脈硬化

動脈硬化とは

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失い、血液がスムーズに流れなくなる状態をいいます。

こんな症状ありませんか?

  • 高血圧である
  • 糖尿病である
  • 痛風である
  • 腎に疾患がある

以上の症状は動脈硬化を促してしまう症状の一部です。その多くが生活習慣病です。動脈が通常通り弾力性や柔軟性に富んでいれば心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。このような状態を動脈硬化といいます。
動脈硬化は脳梗塞、狭心症、腎臓病など脳、心臓、腎臓といった内臓に深刻な障害を起こし、手遅れになると命に関わります。
動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。

合併症

動脈瘤

動脈瘤は、動脈の壁が薄くなるために、そこが血圧により膨らんでしまうもので、症状としては特にありません。大きな瘤の場合は、圧迫感や、心臓の鼓動に合わせて動くこぶを自覚することもあります。しかし、このこぶが破裂してしまうと、血圧が低下して突然ショック状態になり、そのまま死に至る場合もあります。
その他、破裂した箇所によって、血を吐いたり、血の便がでることもまれにあります。完全に破裂していない場合でもひどい痛みを伴います。動脈瘤を発症する原因としては動脈硬化がほとんどです。まれに外傷や、生まれつき血管の壁に異常があることもあります。

pagetop